ありのままが価値になる
               

作って終わりではない、
採⽤サイトの新しいスタンダード

               

ローコストで求⼈募集と採⽤広報ができる
”運⽤型”CMSサービス『arimama』

Scroll

SERVICEサービスについて

                       

オンライン採⽤時代において、
ますます必要性が⾼まっている”採⽤広報”。

しかし、ただカッコ良い採⽤サイトを作ったり
発信量を増やしたりすれば
良いわけではありません。

ターゲットの情報ニーズに応え、
適切な情報を、適切なタイミングで届ける。
採⽤候補者はいま、
”リアル”な情報を求めています。

「ありのまま」が価値になる
ブランディング強化につながり
作って終わりではない
本物の採⽤⼒強化を⽀援します。

arimama

CONCEPTサービスコンセプト

その求人票、本当に求職者に正しく届いていますか?

求人票はテンプレートに基づいて、
淡白に文字の羅列を載せておくだけでは
応募の促進にはつながりません。
また、古い求人票や募集要項が
そのまま放置され、現状と相違していたり、
内容が薄かったりと、採用のミスマッチを
起こしている一因でもあります。
私たちは、求人票も求職者との
タッチポイントの一つであり、
重要な“コンテンツ”であると捉えています。
求人票や求人募集要項を起点として、
企業の“イマ”と“リアル”が伝わる世界観を
目指しています。
カッコ良い採用サイトを作って終わりではなく、
コンテンツに想いとストーリーを乗せて、
求職者にリアルな情報を発信し、
継続的に企業の採用力を向上させていきます。

FUNCTIONサービス詳細

『arimama』は、求人票/募集職種公開機能と採用広報機能がワンセットになった
“コンテンツ運用“採用CMSサービスです。

求人票CMS

求人票/募集職種一覧作成・公開機能

求人票CMS

採用広報CMS

採用広報メディア編集・公開機能

採用広報CMS
サービス比較

サービスについての詳細はこちら

                 

いま、HR領域で
採用広報・オウンドメディアが
求められる理由

外部環境の変化

  • 新卒採用

    倫理憲章の廃⽌に伴い
    通年・ジョブ型の認知活動が重要な施策に

  • 中途採⽤

    賞与時期に限らない
    転職タームの⻑期化・転職ライト層が増加

↓

ヒトとカイシャの人生の物語(ストーリー)を
重ね合わせることが大切になっている。

  • 1.更新性/情報鮮度の担保
  • 2.組織の価値観の継続発信
  • 3.リアリティ/透明性の担保
コンテンツメディアで狙う強化ポイント(ブランディング)

・短期効果:求人媒体などの既存の流入チャネルを活かしつつ、選考歩留まりを向上させる
・中長期効果:自社の採用ブランディング構築による独自流入の確保、社員エンゲージメントの向上につなげる

OPTION拡張/深耕サービス

⾃社のコンテンツ資産をもっと有効に活⽤するために。
戦略⾯から施策まで、より広く、
より深いサポートも準備しています。

導入時コンサルティング

求人票
人材要件定義および採用戦略に基づいた求人票の最適化
採用広報メディア
採用戦略上の運用目的、ターゲット設定、コーナー企画、メディア名称の企画、メタ情報などの採用サイトの初期戦略設計

運用・サポート

トータルディレクション
年間コンテンツ企画、運用支援、コンテンツリスト、採用フロー&アトラクト整理など
コンテンツ制作代行
企画・取材
編集
コンテンツのレイアウトデザイン、サムネイル作成、公開対応、SEO対応など
メディア最適化
コンテンツの設置、プラグイン調整、求人票-コンテンツ間の相互リンクの最適化など
保守、メンテナンス
求人票メンテナンス・コンテンツリンク先調整、プラグインやCMSのアップデート対応など

アクセス分析・対策検討

ページPV、ヒートマップなどのアナリティクス分析および対策検討、打ち手の検討

デザイン更新

当社テンプレートへのデザイン変更
*オリジナルデザインの場合は、別途お見積もり

あらゆる“コンテンツ”を採用CX設計に合わせてトータルディレクション。
自社の採用力を底上げし、採用したい人材が集まる仕組みを作ります。

               

戦略設計〜運⽤⽀援まで
⼀貫してトータルに伴⾛サポートします。

戦略設計、メディア構築、コンテンツ企画、運⽤⽀援

『arimama」の⽀援実績

従来の採⽤サイトでは表現しにくい”リアル”
オンライン時代の採⽤活動で
活きたストーリーを発信しています

コニカミノルタ情報システム株式会社様

コニカミノルタグループ唯一のICT企業(東京)

イコン株式会社様

「BeNe」など近畿・東海圏でオリジナルブランドを中心としたフードサービス事業を展開(京都)

リアルテックジャパン株式会社様

SAPシステム導入・運用に関わるコンサルティング業務およびソフトウェア販売(東京)

日鉄精鋼株式会社様

日本製鉄グループの鉄鋼メーカー(大阪)

医療法人社団高砂会 飯田病院様

宇都宮市で医療法人を経営(栃木)

株式会社コラビット様

AI技術を用いた不動産価格推定サービス「HowMa」を提供するスタートアップ(東京)

VIEW MORE

                 

『arimama』によって
実現できること(一例)

実現できること

人材紹介会社に展開

  • 効果の高い訴求内容を展開し、求人票に反映してもらう。
    →候補者の推薦数アップ
  • キャリアアドバイザーへの広報効果により、求職者に紹介されやすい土台の強化に。
                             

採用サイトに反映し、採用ブランディングを強化

  • 採用サイトへ反映し、より魅力付けできるコンテンツ生成を行う。

オウンドメディアのコンテンツに反映

  • 魅力ポイントの訴求力を高めるためのコンテンツ(編集記事など)を制作し、魅力付けを自動化(=工数削減)。
  • 出身業界や職種別に入社者インタビューを実施し、コンテンツ化。応募率の向上へ。

リファラル採用の強化

  • 社員が紹介者に自社の魅力を伝達する際の情報リードを提供できる。
  •                                  
  • コンテンツを生成することで、「このURL、見てみて!」とアクセスを促進。工数負担が軽減され、紹介数アップを期待できる。

エンゲージメントの強化

  • どんなメンバーがいるのか、どんな経験を持った方が、どんな理由で入社したのか、などを知る機会となり、社内コミュニケーションの活性化やキャリアイメージの醸成に。
  •                                  
  • 入社後の活躍イメージを事前に求職者に提供でき、ギャップの軽減に。

FAQよくあるご質問

Qいま、HR分野でオウンドメディアが求められている背景を教えてください。
A

ヒトとカイシャの人生の物語(ストーリー)を重ね合わせることが大切になっているからです。

アウター側(社外)で見ると、新卒採⽤、中途採⽤における外部環境の変化、求職者の価値観の多様化、情報インフラの普及などにより、求職者が企業を知るための認知導線が変わってきています。

また、働くことに対する価値観も多様化しており、仕事(ワーク)の人生(ライフ)の中における捉え方、価値観もこれまで以上に「意味」を求めるようになっています。企業側は、このような変化を捉えたうえで、自社のカルチャーや価値観を発信し、その価値観がマッチする人材を採用していくことが求められています。

インナー側(社内)においても、従業員のエンゲージメントの強化や人材の定着・活躍の観点で、自社社員や関係パートナーへの自社の情報の積極的な発信による、「透明性の担保」が求められるようになっております。

より⻑期的視点で、良質な“つながり”が⼤切になってきていると言えます。

クライアント各社の取り組みや事例などもご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。
https://arimama.net/case

Q採用サイトを既に持っていますが、新たに採用オウンドメディアを作るメリットはありますか?
A

採⽤シーンにおいて、いま求職者が求めている情報ニーズは、企業から発信される【情報鮮度(企業のイマ)】と【リアリティ(透明性の担保/加工や誇張されていない事実)】です。

例えば、採用サイトでは、経営理念や事業内容など、あまり変わることのない企業の根幹部分をしっかりと見せ、採用メディア側では、働く人や仕事といった流動性のあるコンテンツを準備しておくことで、求職者に与える情報の補完関係となります。

採用オウンドメディアという形で、更新性を担保し、鮮度の高い情報を届け、コンテンツを継続してストックしていくことによって動機付け、ひいては、メディアのパワーが育ってくれば、求職者がそのメディアから流⼊してくるという応募経路も増えてくると考えられます。

また、運用上のメリットとしても、採用オウンドメディアの場合、CMS構築によって、ユーザー側でコンテンツ生成、掲載する/しないなども選択できるます。これまでだと、小さな修正であっても、制作会社に費用をかけて対応してもらうこともあったかもしれませんが、運用側で対応が可能であるため、それも必要ありません。そのため、コストメリットとユーザビリティが高くできるメリットもあります。

社内のリファラル採⽤の活性化においても、社内・社外へと情報をオープンにすることで、協⼒者を増やすことも期待できます。

Q採用オウンドメディアの制作によって、どのような効果が期待できますか?
A

主に、潜在&顕在求職者や⾃社社員との“つながり(リレーション)”を⽣み出すことが期待できます。

■アウター(採⽤市場)へは、潜在層ターゲットへと⾃社の認知・興味喚起
・潜在層への魅⼒付けによる⾒込み就職・転職希望者へのアプローチ(認知獲得)
・顕在層へのネックの解消による、採⽤選考歩留まりの向上(選考歩留率・内定承諾率の向上)

■インナー(社内)へは、⾃社の魅⼒を再発⾒し、社内エンゲージメントを強化
・社員の定着率の向上(⼊社時ギャップ解消、組織ビジョン発信・浸透、キャリア再発⾒)
・リファラル採⽤の活性化(組織理解、共感促進)

クライアント各社の取り組みや事例などもご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。
https://arimama.net/case

Q採用オウンドメディアに初めて取り組みたいのですが、しっかり狙いをもって運⽤できるか⼼配です。
A

HR(キャリア採用、未経験採用、新卒採用)分野の豊富なノウハウを有しており、潜在的な課題や魅⼒になりうるファクト、情報の選別により、⾃社の強みを明らかにします。

採用オウンドメディアも、あくまで1つの解決手法でしかなく、その根幹にあるのは、企業のブランド軸や採用広報軸です。当社では、まず、その根幹部分をクライアントと共に明らかにしていき、クライアントと共有し、自信を持って自らが語ることができるまで昇華するプロセスを大切にしております。(インナー側がアップデートできないと、アウターだけを磨いてもミスマッチやギャップにつながってしまうためです。)

自社採用メディアの導⼊時の戦略設計〜構築・運⽤⽀援まで、⼀貫してトータルに伴⾛サポートしておりますので、ご安心ください。

Q採用オウンドメディアの制作だけではなく、採⽤全般のサポートもして欲しい。
A

もちろん、可能です。実際にHR全般、採用全般のご相談をいただくことが多く、当社は戦略設計面に強みを持っております。

採用オウンドメディアの有効性を⾼めるためのペルソナ策定、求⼈票(ジョブディスクリプション)の作成⽀援、効果的なスカウトメールの⽂⾯作成⽀援など、対象者をコンテンツによって魅⼒付けするノウハウを有しております。

上流の採用戦略設計や採用ブランディングも豊富なノウハウを有しており、ご支援実績も多数ございますので、お気軽にお問い合わせください。

クライアント各社の取り組みや事例などもご紹介しておりますので、ぜひご参照ください。
https://arimama.net/case

VIEW MORE