faqよくあるご質問

採用サイトを既に持っていますが、新たに採用オウンドメディアを作るメリットはありますか?

採⽤シーンにおいて、いま求職者が求めている情報ニーズは、企業から発信される【情報鮮度(企業のイマ)】と【リアリティ(透明性の担保/加工や誇張されていない事実)】です。

例えば、採用サイトでは、経営理念や事業内容など、あまり変わることのない企業の根幹部分をしっかりと見せ、採用メディア側では、働く人や仕事といった流動性のあるコンテンツを準備しておくことで、求職者に与える情報の補完関係となります。

採用オウンドメディアという形で、更新性を担保し、鮮度の高い情報を届け、コンテンツを継続してストックしていくことによって動機付け、ひいては、メディアのパワーが育ってくれば、求職者がそのメディアから流⼊してくるという応募経路も増えてくると考えられます。

また、運用上のメリットとしても、採用オウンドメディアの場合、CMS構築によって、ユーザー側でコンテンツ生成、掲載する/しないなども選択できるます。これまでだと、小さな修正であっても、制作会社に費用をかけて対応してもらうこともあったかもしれませんが、運用側で対応が可能であるため、それも必要ありません。そのため、コストメリットとユーザビリティが高くできるメリットもあります。

社内のリファラル採⽤の活性化においても、社内・社外へと情報をオープンにすることで、協⼒者を増やすことも期待できます。