knowhowノウハウ

採用オウンドメディアと採用成功の相関性。採用オウンドメディアの導入前後で応募率が2倍に!効果のあるコンテンツとは?

はじめに

当社のHRに特化した採用オウンドメディア構築・運用支援サービスである[ arimama ]を運用した結果、採用活動のアトラクト観点で大きな変化があった事例をご紹介したいと思います。

人材紹介やダイレクトリクルーティングなど様々な採用チャネルがありますが、採用オウンドメディアと連携するだけで、これほどまでに変化が現れた事例も珍しいのではないでしょうか。

もちろん、業界や募集職種にもよりますが、ビジネスモデルなどで差別化が難しく、自社の魅力をどのように訴求したらいいのかわからない人事や中小企業の経営者様向けに、「採用オウンドメディアと採用成功の相関性。採用オウンドメディアの導入前後で応募率が2倍に!効果のあるコンテンツとは?」というテーマでノウハウをお届けします。


導入前のKPI

[ arimama ]の導入前のダイレクトリクルーティングのスカウト配信におけるKPIです。

画像1

【状況/課題】
スカウトメールの既読率は高く、求人閲覧率にも課題はない。その後の応募率も平均値。ただ、応募者へのアトラクトが他社と比べて低くなっていたため、辞退率が高い状態となっていました。

運用を開始した採用オウンドメディアがこちら

画像2
KYOSOテクノロジ 採用ブログ – 社員力は偉大な経営力

導入後の成果

採用オウンドメディアのURLをスカウト文面に添付したところ…

画像3
画像4

ご覧の通り、アトラクト部分の応募にいたる割合が改善しており、スカウト配信の無駄打ちも少なくなっています。


応募率が上がった記事コンテンツとは?

①職種ごとのコンテンツ

画像5

【狙い】
■経歴や専門分野を踏まえ、「どんな同職種の方が働いているのか?」を見える化
■キャリアアップや具体的なプロジェクトなどを見える化
■他社も知っている中途入社者だからこその客観的視点を訴求

②役員メッセージ、ビジョンなど会社の過去、現在、未来を伝えるコンテンツ
③メーカー出身からの転職組など働く人にスポットを当てたコンテンツ

画像6

【狙い】
■経営陣の考え=会社の今後・方向性・目指す世界観・戦略などを発信
■役員として従業員に対し、提供したい価値
■メーカー出身者が中小企業に入った理由、入社後のギャップをぶっちゃけ

④会社として大切にしている価値観(MVV)を発信するコンテンツ

画像7

【狙い】
■会社として大切にしている価値観を社員目線で語り、共感を喚起する
■社員の仕事の姿勢やスタンスを紹介し、エンジニアを知ってもらう

⑤第三者視点から見る自社の強みコンテンツ

画像8

【狙い】
■第三者目線での自社を紹介してもらい、情報の客観性を担保
■業界理解があり、「働く」という観点で競合他社との違いを話してもらう

株式会社FanReCでは、エンジニア採用をはじめ、採用難易度の高い採用職種においてもご支援実績がございます。「ダイレクト・リクルーティングで効果が上がらない」「開封率や歩留率が良くないので、採用につながらない」「効果をもっと上げたい」「求職者に刺さる採用コンテンツを強化したい」などのご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。